12月第一週の仕事着 ~いただきものの着物を好みに近づける

先週、叔母が、知り合いからもらったという着物と帯を、自分には大きいいからと、私に持ってきてくれた。今回はその中から着物を。

着物 : いただいたものなので、物がなんだかはわからないが、お召風の化繊じゃないかと思う。というのも、素人の方が縫ったにしても、縫い目が大きくて、とてもプロの仕事とは思えない。ちゃんとしたお召ならば、ちゃんと縫ってもらうだろう、ということで。こういう総柄小紋は汚れが目立たなくていいけれど、このブルーの色が強すぎて、私の好みではない。それでも仕事では気兼ねなく着られるから、こういう頂き物は本当にありがたい。しかも、私が大きいせいか、着てしまうと、オレンジ系のピンクの部分でごまかされて、まぁなんとかなるかなぁと。

帯 : 着物がごちゃごちゃした柄なので、帯はスッキリさせようと、こちらに。着物と一緒に頂いた帯が、真っ白の地に博多人形の絵がついたものと、深い赤の無地だったので、どちらもきついので、合わせなかった。この帯は白は白でも、生成りで、柔らかい。真っ白は結構強い色なのだ。

帯締めは、私はぼかそうと思い、帯の花に合わせて薄いピンクを選んだが、母から濃いオレンジでバチっと決めてしまったほうが、目が帯締めに行って着物のうるささが目立たないと言われ、アドバイスに従ってみた。帯揚げは柔らかいオレンジと黄色のぼかし。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中